カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
定休日
18:00まで
平日: 09:00〜19:30
土曜: 09:00〜18:00
日、祝祭日は定休日です
 

Bic ビックボールペン ブリーフィング


オレンジビックでお馴染みの、フランスのボールペン、BICボールペン(ビッグボールペンと言う人もいますが、正しくはビックです)から、面白いボールペンが発売されました。ボールペンと蛍光ペンが一本になった、多用途筆記具です。といっても、今までにもそんな筆記具はありましたからね。何が面白いかというと、ボディ中央のマークがヒントになります。

お馴染みのオレンジビック
これのご購入は
こちらからどうぞ
 

  キャップをあければ、何の変哲もないボールペンです。ボディは樹脂製。ちょっと太めの軸ですかね。最近のペンは書きやすさのために太い軸が多いですが、これも同様のようです。残念ながら、芯の交換は出来ません。使い捨てですね。      
      肝心の書き味です。昔はBICというと、線がボッテリしていましたが、最近のオレンジビックボールペンは、そういうところは改善されています。この製品も、昔のBICより細めに書けるようです。しかしボールの滑りは良好で、書きやすいです。そういう点は昔のオレンジビックと変わりませんね。  

  これがこの製品のポイント!軸が回るようになっていて、くるっと回すと蛍光ペンに早変わりします。蛍光ペンの軸が、「ちくわ」のようになっていて、その穴にボールペンの芯が通っている、と言えば分かるでしょうか?軸を回転させることで、蛍光ペンがせり出してきて、ボールペンを隠すようになっているのです。  

      先端をはずして見ると、このようになっています。上での「ちくわ」云々の説明がお分かりいただけましたでしょうか?蛍光ペンを出すには、軸を1/3回転ほどで大丈夫です。  

      見えにくいですが、蛍光ペンで書いた様子です。蛍光ペン先端が斜めにカットされているので、細く書くこともできます。  


二色、三色ボールペンは日本にもありますが、その色チェンジ方式は、もう既に固まってしまっているようで、蛍光ボールペンを含むような新製品が出てきても、その部分は変わっていません(つまらん)。その点、蛍光ペンにして新しい方式にチャレンジしたBicには拍手を送りましょう。さすが「おフランス」!日本では絶対作られない方式ですよね。ヨーロッパの文房具って、変わった物や、真似の出来ないデザイン、品質の物が多いですけど、そういうものが生み出される風土なんでしょうか。色々工夫して、時にはデザインで遊んでみたりということも大事ですよね。日本の文房具も、もう少し楽しい物になってくれると嬉しいなぁ。
チェンジカラー!!の動画