クボタ文具店

HOME > 取扱商品 > ダイモ > 点字ダイモ説明

DYMO
ダイモ 点字テープライター



街中を見てみると、点字の表示が各所にあります。目の不自由な方のためにはもっと増やしたいところですけど、専用の機械はそうそう手に入らないので気軽に表示を作るのは難しい現状です。この製品は、ダイモがテープに凹凸をつけるところに着目して作られました。もともとの機能を流用しているので大変お求め安く、そして簡単に点字の打ち出しができます。文字はダイヤルで選ぶので、キーボードに慣れていない方でもすぐにお使いいただけます。


注)このページの点字ダイモは、生産終了品のM154010の写真を使って紹介しています。現在は「点字文字盤セット」+輸入品の「M1540B」を組み合わせて同機能の製品として販売させて頂いております。機能や外観について、違いがある部分についてはその都度説明いたします。

ダイモって何?という方はこちらをご覧ください



本体前部には文字盤やテープカットのレバー(黒い三角形の部分)、中央部には文字を打刻する握りがあります。※握りの上に見える長方形のテープ送り用のダイヤルは、今回の品にはありません。

 

本体後部のカバーを開けると、ダイモテープの挿入口があります。このダイモで使えるのは9mmと12mm。それぞれ差し込むスリットが違うので、気をつけて入れましょう。

 

3枚付属している点字文字盤を取り替えることができます。右から押し出すと外れ、左から押し込むとはまります。本体に付属の通常の文字盤(英文字のみ)を使えば、普通のダイモとして使うことも出来ます。また、ボディは昔ながらの直線的なデザインのダイモ、M1585をもとにしたデザインです。

 

文字盤をカチカチと回して文字を選びます。左の写真のように、へこんだ部分に見えている文字が打たれる文字です。写真では「ア」になります。文字盤にも点字がついているのですが、この時「ア」の点字が180度下についているので、見なくても手元で確認できます。(写真に写っていなくてすいません)
選んだら中央部の握りを強く握って文字を打ちます。

 

 

 

握ると打刻されてテープが送られ、先端部から出てきます。カットレバーを握るとテープがカットされ、取り出せます。剥離紙がはがしやすいように同時に端に切り込みも入れてくれます。
ダイモは樹脂を変形して白濁させているので、長期間経っても変質しにくく、消えてしまうことはありません。これもダイモの利点です。

打ち出すごとに1文字づつテープが送られて、二重に打つことはありません。
なお、現在手に入りやすいテープは9mm幅のみとなっております。
テープの販売はこちらです。

 

前モデルではテープ送りダイヤルによって打つ位置を調整できましたが、今回の製品では省かれましたので写真のようなことはできなくなりました。これは普通に使うのであれば、なくても困らない機能ですので心配ありません。

 

 

3枚の点字文字盤。日本語が2枚、英数字1枚です。入れ替えながら使って下さい。それぞれ点字固有の記号も含まれています。
この他、本体には点字ではない英数字大文字の文字盤が1枚セットされていますが、ひらがな、カタカナはセットされていないので打刻できません。
また、ダイモの特性として、テープ幅を大きなものに替えても(9mmから12mmへとか)文字の大きさが変わるわけではないのでご注意下さい。

 

点字で文章を打ったり、手紙を打ったりという機械は、割りと手に入れやすくなっているようですが、ボタンやスイッチの横につけるようなサインを作る用途に使える点字打刻機はあまり売られていません。こういったサインこそ、もっと普及して貼られるべきだと思います。このダイモがあれば、皆さん気軽にサインや注意書きを作ることが出来ますよ。
電源が要らないので、屋外で作りたい時にも困りません。
以前の正式な「点字ダイモ」は残念ながら販売終了となりましたが、このたびM1540Bが輸入開始されたことに伴い、オプションの点字文字盤と組み合わせて販売できるようになりました。ただ、点字文字盤セットが既に生産終了品ですので、在庫限りとなります。
輸入元にある在庫はかなり少ないので、どうぞお早めに。

 


13,284円(税込)


返品期限・条件返品についての詳細はこちらへ

この商品について問い合わせる

商品を友達にメールですすめる






 

ページトップへ