カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
定休日
18:00まで
平日: 09:00〜19:30
土曜: 09:00〜18:00
日、祝祭日は定休日です
 

KUMオートマチック ロングポイント鉛筆削り

ドイツのKUM (クムと読みます)製の鉛筆削りです。KUM社は日本では定規で有名なんですが、本国では沢山の種類の鉛筆削りを作っている会社です。この製品は、コンパクトなボディなのに多機能で、削り具合も優秀です。削り方が少々変わっていると言うのもポイントですね。ボディ全体はプラスチック製で、手軽に使えるタイプです。  

  鉛筆を差し込む所です。穴が2つありまして、左に 右に△犯峭罎振られています。この鉛筆削りでは、刃を2つ持つことによって、それぞれに、削る場所を分担させているのです。  

まず、,鳳筆を差し込んで削ります。こちらでは、鉛筆の木の部分だけを削るようになっていて、右の写真のように、長めの芯を残して削れます。削り終わると空振りするようになるので、削りすぎることはありません。品名の「オートマチック」というのは、ここからきています。削り具合も大変良く、写真で伝わりにくいのが残念ですが、削った木の部分がとても滑らかです。
     
 
3B以上の濃い鉛筆は、通常、芯が太く作られています。このような硬度の鉛筆は、左のようになってしまい、うまく削ることができませんので、ご注意下さい。

次に△忘垢傾んで、芯だけを削ります。どの位差し込んで、どの位回すかで、お好みの尖らせ方、長さにすることが出来ます。奥まで差し込んで、最後まで削ると、右の写真のようになります。非常に鋭角に尖らせることが出来ます。こちらもオートマティックで、削りすぎはありません。

  上部の透明のカバーを空けると、このようになっています。右側は、上で説明した鉛筆削り。左側には、芯ホルダー等に使う、芯研器がついています。芯研器は、一般的な2mmと、少し太めの3.15mmを削ることが出来ます。その隣には、鉛筆削りの替え刃もセットされています。  

芯研器部分は、ボディ両サイドに差込口があります。赤い方は3.15mm用、白い方は2mm用です。これだけの機能が付いていて、替え刃もセットされているとなれば、日常で使うには、これ一個あれば、充分ですね。削り屑は、上部のカバーを開けて捨てます。

 

外見だけでは、日本にもよくある手のひらサイズの鉛筆削りなので、ただ置いてあるだけでは見逃してしまいそうです。実際手にとって、良く見てみると、実に多機能で、びっくりしてしまう商品ですね。実際に削ってみると、これが良く削れるんです。機能が多いだけで、切れ味はたいしたことないのでは?と思っていたので、これまた驚きました。写真ではうまく伝わらないのですが、このクラスの鉛筆削りで、鉛筆の木の部分を、こんなに滑らかに削り上げる製品は、そうそうないと思います。そして芯の尖り方もすごいです。これを1個持っておくと、かなり重宝しそうですね。
削る様子の動画
(長めなので重いかも)