カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

伝統工芸品 内山障子紙

世の中に数々障子紙はあれど、この内山障子紙は、昔から障子紙の代名詞。一味違います。

伝統工芸品 内山障子紙

価格:

6,480円 (税込)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

まず、他と違い、原料に楮(こうぞ)を100%使っています。一般的な「紙」である、洋紙パルプは全く使っていません。
また、全て手漉き(てすき)で作られており(一部機械漉きもあるようですが、当店の販売商品は、全て手漉きです)、これにより、通気性、通光製、保温力に優れる、という特徴を獲得しています。
さらに、非常に丈夫です。
薬品の使用を最小限にして雪に晒して作るため、自然な白さなのも魅力です。
なんといっても伝統的工芸品の指定を受けている、確かな品です。

内山紙は、1〜2月の間に生産されます。これは、「雪晒し」等、冬にしか出来ない工程があるためです。そのため、年末になると品薄になります。

販売商品は、写真左の、筒状に丸めてあるもの1本です。
1本のサイズ 28.1cm×190cm
(28.1cm×40.4cmの紙を48枚繋いで190cmにしてあります)

納品までお時間が掛かる場合があります。

詳細説明はこちら